スマートに贈りたい出産内祝い

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS
スマートに贈りたい出産内祝い

出産内祝いはお祝いギフトをいただく前でも

内祝いの意味が昔とは少し変わってきたような気がします。今ではお祝いをいただいた方へのお返し、という意味に捉えている人が多いでしょう。間違いではありませんし、今ではそういう使われ方のほうが一般的になりましたが、もともとはお返しという意味ではありませんでした。結婚内祝い、出産内祝い、新築内祝い、というようにおめでたい時にしか内祝いという言葉が使われていないことに注目していただきたいのです。快気祝いという言葉はありますが、快気内祝いとは言いません。病気の人が元気になったのは良いことですが、もともと病気という決しておめでたい出来事とは言えないことに関するので内祝いという言葉は使いません。つまり内祝いとは、おめでたいことなので幸せを周囲にお裾分けします、という意味が込められています。お返しであればお祝いギフトをいただいた人にしか贈らないことになりますが、内祝いは本来お裾分けなので、お祝いギフトをいただいた、いただいていないに関わらず渡すものでした。ですのでお祝いをいただく前に周囲に配るのが普通だったのです。

内祝いがお返しの意味で使われるようになった現在では、出産内祝いの相場もいただいたお祝いの半額程度となっています。しかし出産祝いは結婚祝のように現金をいただくことは少ないので、金額が分からないということも多いでしょう。ベビー服や食器など、安価なものも多いので、内祝いの額についてはそれほどこだわらなくて良いと思います。相手によって品物を変えるのも違和感がありますので、手作りの洋菓子などでも良いと思います。これから子供にお金がかかる時に、高額なギフトを贈るとかえって恐縮させてしまうでしょう。出産内祝いは子供が産まれた幸せを周囲に分け与えるのですから、当然子供の名前などをつけて贈ります。お祝いをいただいた人に、無事に産まれたんだな、女の子だったんだな、こんな名前にしたんだな、と思ってもらえるように工夫をするのが一般的です。出産後1ヶ月以内に贈るのが目安です。
お勧め情報

Copyright (C)2019スマートに贈りたい出産内祝い.All rights reserved.